自己愛が強いと、とても生きづらくなる。

 

自己愛が強いと、他人とのコミュニケーションにおいて、

常に自分が優遇されなければならず、

相手に負けないことを目的にしてしまう。

 

うまくいかないことがあると、

他人や環境のせいにしてしまう。

自分にまったく矢印が向かない。

 

他人を批判することで自分の優越感を感じて喜ぶ。

 

自己愛は気づくと増殖している。

特定のシーンだけで増殖することもある。

 

自己愛の根っこにあるのは、

自分が特別な存在である、という考え。

もっと正確に言うと、

自分だけが特別な存在である、ということ。

 

ちょっと考えたらわかるように、

自分だけが特別、なんてことはありえない。

同じ人間なのだから。

 

自分だけが特別 ではないとしたら、

自分も他者も全員が特別であり、それはつまり全員が普通である、ということ。

 

自分を他者と同じ、普通の人間 として受け入れる

そこからスタートする。

 

普通の人間として、いかに全体への貢献を果たすか

という視点で活動すると、

とても健康的だし、自己愛にとらわれている状態よりも、よっぽど楽しい。