どうも、こんにちは。

先日行われた日米野球。実は2006年以来、8年振りだったんですね(゚Д゚;)


なぜ「侍ジャパン」は、20万人集客できたのか | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

理由は、WBCや、クライマックスシリーズの導入などにより、スケジュールが一杯になってきたというのが本当のところのようです。

新しい制度の導入で国内外で盛り上がりを見せた野球界。視聴者やファンにとってはうれしい限りです。

しかしながら、オリンピックに加えて誕生したWBCやCSは、選手にとって、休みなく体力的にもきついものがあるのは確かですね。

現に近年の侍JAPANの成績は芳しくなく、日本プロ野球の開幕前やシーズン中に行われる世界大会は、選手に過酷なスケジュールを与えたせいか、良い成績はおさめられていないです。

そんな中、今年の小久保監督を中心とした侍JAPANスタッフ側の動きは、選手らにもいいモチベーションアップになっていたのではないでしょうか。

監督も選手も若返りを目指すという明確なビジョンもよく、テレビなどでもそういった目論みをしっかり解説していくことで、選手、スタッフ、ファンとの間に団結が生まれるようになってくれば、今後の世界大会での素晴らしい成績にも繋がることでしょう。